水没してしまった!

無理に水を抜こうとしないこと!

どんなに大切に使っているスマホでも、ちょっとした不注意から水没させてしまう可能性があります。万が一水没させてしまったとしても無理に水を抜こうとしないことが大事です。振ったり角度を変えてみたりすると、内部に侵入した水が動き被害を広げてしまうためです。水没していなかったところまで水没してしまうので、結果として故障箇所を増やしてしまうことになってしまいます。もしも水没させてしまったら自分でなんとかしようとせずに、そのままの状態で修理へ出しましょう。電源を入れるとショートの原因にもなりますし、場合によっては再起不能になったりデータの取り出しができなくなるなど取り返しのつかないことになってしまうのです。

大切なデータを守りたいのなら!

もしスマホを水没させてしまったら、できる限り被害を広げないための対応をしなければなりません。出来ることとしては、スマホ本体からmicroSDを抜き出すことです。長時間水没させておくとデータが消えてしまう可能性があります。また、SIMカードを抜いておくことも大切です。スマホを動作させるためにも大切なカードなので読み込めなくなる前にきちんと取り出しておきましょう。被害を最小限に食い止めるためにもこうした対策はしておくと良いのですが、カードを抜き出すことで水没被害が拡大しそうな場合は無理に抜かず、修理へ出すようにしましょう。そのためにも日頃から修理業者の場所を把握しておくことも大切な対策の一つです。